TOP » 発言集 » 2015年9月29日(現地) アメリカでの内外記者会見

2015年9月29日(現地時間) 内外記者会見

質疑応答(一部)
質問(動画14:10頃)
On issue of Syrian refugees, you announce the new money for refugees from Iraq and Syria today.
What is possibility of Japan accepting some other refugees as other countries as well have done?

。。。英語聴き取り能力は高くないので、どこまで正しいかは分かりませんが、
概ね質問はこんな内容と思われます。
「シリア難民について、今日イラクとシリアからの難民に新たな資金提供を表明したが、
他の国が既におこなっているような難民受け入れの日本での可能性はどうなのか?」
この質問に対する安倍首相の答え部分(動画17:05頃)
そして、今回の難民に対する対応の問題であります。これはまさに国際社会で連携して取り組まなければいけない課題であろうと思います。
人口問題として申し上げればですね、我々は、いわば、移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある。それは、女性の活躍であり、あるいは高齢者の活躍であり、そして出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手があるということでもあります。
同時に、この難民の問題についてはですね、日本は日本としての責任を果たしていきたいと考えておりまして、それはまさに難民を生み出す土壌そのものをですね、変えていく為に日本としては貢献をしていきたいと考えております。
出典:政府インターネットテレビ(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12412.html?t=103)


(私の感想)
2015年9月30日放送のTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」内でジャーナリストの北丸雄二さんが紹介していたので、緊急チェック。
『ロイターが呆れて世界配信しちゃった』。。ということで実際のやり取りを探してみました。
ちなみにロイターの記事はこちら
タイトルは
"Abe says Japan must solve its own problems before accepting any Syria refugees"
『安倍はシリア難民受入の前に自分たちの国内問題を解決する必要があるって言ってるよ』って感じでしょうか。

上に引用した安倍首相の日本語部分だけ見ても、(毎度の事ながら)意味がわかりません。
なぜ難民の問題が「人口問題」になって『出生率を上げるのが先』という話につながるのか?
そして直後に『難民を生み出す土壌を変える』って言ってますが、論理的にどうつながってるのか?
ちょっともう、安倍首相が何を考えて話しているのか、さっぱり分かりません。
念のために書きますが、上の安倍首相発言部分は何も省略してませんので、まさにこの通りしゃべっています。
100万歩譲って、この論理のおかしさを置いたとしても、質問の日本の難民受入の可能性には答えてないですからね。。
まぁ、質問した方も確かに呆れるわな、と思います。


新規作成:2015/09/30
最終更新:2015/09/30