TOP » 発言集 » 2014年9月22日(現地) WorldLeadersForum

2014年9月22日(現地) WorldLeadersForum

質疑応答
コロンビア大学でのWorldLeadersForumで挨拶をした後の学生との質疑応答です。
動画から文字にしていますが、学生さんは英語で質問し安倍首相は日本語で答える形です。
ですので英語の質問部分は私のヒアリング力の不足で聞き取れませんでした。。
いくつも質問が出ていますが、そのうち、集団的自衛権と原発再稼働の部分について

集団的自衛権
自衛隊の今後の貢献ということであります。
自衛隊はこれまでもPKO等で大きな貢献をしてまいりましたし、先般はフィリピンの台風に対して1200人の自衛隊を派遣をし、救命そして救助そして災害からの復興に貢献をした訳であります。
先般、閣議決定をいたしまして、我々は、いわば日本を守る為にですね、憲法の解釈を適正化をしまして、例えば日米同盟において、より同盟関係が強化する形にですね、解釈を改めた訳であります。
それは例えば、近隣国が弾道ミサイルを発射しようとしている時、その警戒に当たっている米国の艦船を、今まで日本近海だったとしても日本の自衛艦はですね、その警戒に当たっている米国の艦船を守ることはできなかった訳であります。日本を守る為に警戒に当たっている米国の艦船を日本の自衛艦が守れないというのは、これはいわば抑止力を減殺するものになるわけでありまして、そういう変更をおこなうことによってですね、日米同盟はより強化される。そのための法整備をこれからおこなっていくわけでありますが、これは戦争をするためのものではなくて、より抑止力を高め、地域の安定を図るためのものであります。
そしてまたPKOにおいてですね、日本は今までPKO活動をおこなってきたのでありますが、一緒にPKO活動を展開をしている他国の部隊がゲリラ部隊に襲われたとしても日本は一切助けることは出来なかった訳であります。例えばNGOの人々が襲われたとしても、そういうNGOの人々を救助することもできなかったのでありますが、我々は法律を変えてそれを可能にいたしました。つまり、今まで以上に積極的な平和貢献が可能になったと、このように思っております。
しかし、今までの日本の70年間の平和国家として歩みは全く変わってないということは申し上げておきたいと思います。

原発
エネルギーでありますが、エネルギーにおいては日本はかつて54基の原子力発電所が動いておりまして、日本のエネルギーの3分の1を担っていた訳であります。現在はそれが0になっていまして、ほとんどを今、ガス、石油、化石燃料に頼っているわけであります。そして我々は過酷な事故を経験をいたしましたから、完全に安全を確認しない限り原子力発電所は動かさないということにしておりまして、世界で最も厳しい基準によってですね、独立した原子力規制委員会が安全と判断したものについてのみ、稼働をしていくという考えであります。
同時にですね、我々はエネルギーはまさに経済を支える、国民の生活を支える、大切な糧であります。そこでエネルギー基本計画に基づきまして供給源の多角化を図っていきます。LNG市場の柔軟性の向上、そして再生可能エネルギーの導入の加速、特に再生可能エネルギーについては、我々しっかりと投資をし、新たなイノベーションを目指していきたいと思います。そしてそれプラス、安全が確認された原子力発電所を動かしていく訳でありますが、エネルギーのそうした中において、ベストミックスを構築をしていきたい。同時にですね、CO2の排出についても十分に考慮しながらエネルギーのベストミックスを構築をしていきたいと考えています。


出典:政府インターネットテレビ(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg10523.html)の動画から私が文字起こし

(私の感想)
閣議決定は「憲法の解釈の適正化」なんだそうです
多くの憲法学者が批判している声は聞こえていないんでしょうねぇ。
そしてまた出ました。集団的自衛権の事例。
この人はこれ以上の説明ができないんでしょうか?
集団的自衛権の本質「他国の戦争に自ら手を貸す」という点には一切触れず、
「平和国家としての歩みは変わっていない」と口で言うだけ。
なぜ「変わっていない」と言えるのか?説明する気ないですよね。きっと。

そして原発です。
「完全に安全を確認しない限り」動かさないんだそうです。
いつぞやの「完全にブロック」に続く「完全」発言。
そして「原子力規制委員会が安全と判断したものについてのみ、稼働をしていく」とも言います。
これは誰が聞いても、原子力規制委員会は「完全」に安全かどうかを判断していると受け取るはずです。
しかし、規制委員会の田中委員長はこれまで何度も「安全だということは申し上げない」「基準に適合するかどうかを判断するのみ」と言っています。
っということは仮に今のまま川内原発が再稼働するようなことがあれば、「完全に安全を確認」した人はいない訳ですから、
安倍首相は大嘘をついた、ということになります。
この発言はロイターが配信していて、そちらは「安全が再び100%確保されない限り」再稼働しないと言ったという伝え方です。
この辺、細かくは近々国会前ポスターで紹介予定です。


新規作成:2014/09/28
最終更新:2014/09/28