TOP » 発言集 » 2013年12月26日 総理談話

2013年12月26日 総理談話

靖国神社へ参拝した日に発表された「恒久平和への誓い」という総理大臣談話の一部です。
靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。
靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権一年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。
中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。
出典:首相官邸HP(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/discource/20131226danwa.html)

(私の感想)
上へ抜き出した3つの文ですが、言っていることの意味が全く分かりません。
1つ目の文で「政治問題、外交問題化している」という認識はあるんだよ、ということを言います。
そして2つ目の文の前半で「戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが」としているので、これに反論するのかと思いきや、
それに続く言葉は「御英霊に。。(中略)。。との決意を、お伝えするためです」と思いっきりずれます。
さらに3つ目の文では「中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません」と
相手がはっきり嫌だと言っていることは無視しておいて、
最後には「中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたい」とまで言ってしまいます。

相手が嫌だと思っていることはしっかり認識しているのに、
自分に「傷つけるつもり」がなければ問題ない、と言わんばかりの行動をし、
その上で、「敬意を持って友好関係を築きたい」、なんて言っているわけです。
敬意のかけらも感じる事はできませんし、普通の人間関係に置き換えたらあり得ないと思います。
少なくとも、この行動を子供に見せたら教育上よくないですね。

なぜ政治問題、外交問題化しているのか、ということをしっかり考え、
自分が日本の総理大臣という立場である、ということをしっかり踏まえて行動しているのか?

首相自身が思考停止して、その場の雰囲気だけで行動してるんだとすると、
この人を代表としている国民にとっては不幸この上ないことです。

新規作成:2013/12/31
最終更新:2013/12/31