TOP » 発言集 » 2013年11月28日 読売新聞社新社屋竣工パーティー

2013年11月28日 読売新聞社新社屋竣工パーティー

あいさつ
本日は、読売新聞新社屋竣工、誠におめでとうございます。先ほどのお話では、このビルは200mということでありますが、やはり、マスコミは、遠く遥か地平線まで見据えながら、大所高所から物事を判断するこの視点が必要であり、読売新聞に相応しいビルが完成したとこのように思っております。

渡邉主筆はどの階におられるんですか、ということを先ほど係の方に質問したらですね、「それは秘密です」と、こう言われた訳でございまして、読売新聞の特定秘密だということでございます。恐らく、30階以上であるのは間違いないだろう、と。そこから渡邉主筆ににらまれてると思えばですね、政治家は悪い事ができないということになるのではないかと思います。

2年前に、このビルの着工を決定されたということでありますが、まだ日本の景気は厳しい状況であったわけでございます。その状況の中において、設備投資をするというのは、勇気のいる判断ではなかったかと思います。そういう設備投資を景気の底で判断する、この見極めが大切であります。

恐らく2年後には自民党政権になるなぁ、と、景気が良くなってから設備投資したんではお金がかかるということを、しっかりとやはり将来、先まで見据えるという、さすが主筆、そして読売新聞のご判断に改めて敬意を表したいとこう思う次第でございます。

この大手町につきましては、かつて1971年から、

かつて1971年に、時の佐藤栄作首相からですね、渡邉主筆が戦いぬいて勝ち取った場所であるというふうに承知をしている訳でございますが、そのときから

ずっと読売新聞は攻めの姿勢で1000万部、世界一の部数を誇る世界一の新聞社となったわけであります。常に、強い意志と責任感を持ちながら戦い続ける、これこそ、読売新聞に相応しい姿勢だったんだろうと思いますし、私達自由民主党も安倍内閣も、少しそれに学びたいと思うところであります。
そして、今ちょうど話題になっている特定秘密保護法案でございますが、すでにある秘密が増えるわけではないわけであります。すでに指定されている、様々な種類の秘密でありますが、これを更に絞っていくということになるわけでございます。

いわばこれによって、今日ここにはたくさんマスコミの関係者の方がおられるわけでありますが、よく萎縮するということを言う人がいるんですが、萎縮するような人はここには一人もいないんだろうな、と、このように思う訳でございます。

今ある特別管理秘密42万あるわけでありますが、この9割は衛星写真、日本が撮った衛星写真か提供を受けた写真が9割でございまして、さらには暗号がございますから、それ以外は本当に数万の単位になっていくわけでございますし、これは更にしっかりと、我々で法律に則って厳しく設定していくことになるわけであります。今までは特別管理秘密というのは、法定ではございませんでしたので、共通のルールをちゃんと法定することになることも、申し添えておきたいと思う次第であります。今後とも、のびのびと、どんどん取材をしていただききたいと思います。
公務員の皆様には、守るべきものはちゃんと守っていくと、説明すべきものはしっかりと丁寧に説明していく、これが大切ではないのかなと、このように思います。
また、この社屋には託児所があるということでございますが、安倍政権の大きな課題の1つは、女性がもっともっと社会に進出できるような、そういう環境を作っていくということでございまして、我々は2年間で20万人分の育児の受け皿を作って、5年間で40万人分という目標を立てているわけでございますが、時代を先取りして、いわば読売新聞で働いている女性の皆さんが仕事をしながら子育てもできる環境を作っていくこと、素晴らしいなと思いますし、また、診療所を開放すると、これはずっと、医療ルネッサンスという掲載を92年からされておられた、「医療の読売新聞」に相応しいことではないのかなと思う次第でございます。私も一度、読売新聞のその医療のコラムに、元々の持病において登場させていただいたこともあるわけでございますが、医療専門の部局も作っておられるということでございまして、その記者が病気に深く通じてこられたと、大変感心したことを思いだすわけであります。今後とも、勇気と責任ある報道、これが読売新聞のモットーだということでございますが、新社屋完成を機に、益々勇気ある、そして責任ある報道を続けていただきまして、日本をよりよい方向に導いていただけることを祈念いたしまして、お祝いのごあいさつとさせていただきたいと思います。
出典:首相官邸HP(http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201311/28yomiuri.html)
   下線部は動画(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8903.html)から文字おこし

(私の感想)
「読売新聞主筆のいる階は特定秘密」という冗談を語ったということで一部新聞でも取り上げられたものです。
そして気づいた事が1つ
首相官邸ホームページでは「総理の一日」というコーナーがあり、あいさつなどは文章でも読む事ができるようになっています。
私もこれまで何度かそこの文章を引用してきたんですが
今回のそのコーナーを見るとその「主筆の部屋が特定秘密」という部分がない。。
同時に動画も配信されており、そちらはノーカット版だったようで、それを使って発言内容を補完したのが上の下線部分です
誰がどういう判断で文章化時に省略しているのか。。
今後は動画の方もチェックせねば、と思いました。
それと、この下線部分では会場内で笑いが結構起きているのもびっくりでした。

新規作成:2013/12/01
最終更新:2013/12/01