TOP » 発言集 » 2013年10月29日 日トルコ共同宣言

2013年10月29日 日本国とトルコ共和国の原子力エネルギー及び科学技術分野における協力に関する共同宣言

共同宣言
 日本国とトルコ共和国の友好関係は,エルトゥールル号の日本への航行とともに1890年から始まり,以来歴史的な友好関係が120年以上にわたって両国間で築かれてきた。
 両国の強固な友好関係は,全面的なエネルギー・プロジェクトを以て具体的な協力となった。2013年5月3日の「平和的目的のための原子力の利用における協力のための日本国政府とトルコ共和国政府との間の協定」及び「トルコ共和国における原子力発電所及び原子力産業の開発のための協力に関する日本国政府とトルコ共和国政府との間の協定」への署名により,二国間関係の新しい時代が始まった。
 安倍晋三日本国内閣総理大臣とレジェップ・タイップ・エルドアン・トルコ共和国首相が同日に署名した「日本国とトルコ共和国の戦略的パートナーシップの構築に関する共同宣言」では,両首相は原子力分野での専門家育成を含む両国の教育協力の強化を目的としたトルコにおける科学技術に関する国際大学を設立することで一致し,この目的のために,日トルコ双方の代表から構成される委員会が立ち上げられた。今後,両国により共同でトルコに設立される大学の準備作業が迅速に続けられ,最も早い現実的な日に同大学は開校される。
 2013年5月の安倍総理のトルコ訪問直後,シノップ原子力発電所プロジェクトの実現に向けて,「施設国政府契約」に関する交渉が開始され,2013年10月29日,両者の集中的な努力によって技術的な交渉が妥結された。同時に,最大限の安全性を追求する技術的な実行可能性調査が原子力発電所の建設現場で開始された。
出典:外務省HP「安倍総理大臣のトルコ訪問(概要)」共同宣言(仮訳)(http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page18_000094.html)

(私の感想)
国会休んでトルコへ行って、原発売り込んできてるわけで、もう何が何やら。。
安倍首相が何考えてるのやら全く分かりません。
まぁ、買う方も買う方ですが。
さて、本文中に出てくる「施設国政府契約」って何か?っていうと、三菱重工のプレスリリースに出ておりました。
 三菱重工業が参加する国際コンソーシアムは29日、トルコ共和国政府と、同国が推進するシノップ原子力発電所プロジェクトに関する商業契約で大枠合意しました。本年5月に日本が優先交渉権を獲得して以降続けてきた交渉を受けたもので、同日、トルコ訪問中の安倍首相と同国のエルドアン首相の間で「日本国とトルコ共和国の原子力エネルギー及び科学技術分野における協力に関する共同宣言」が署名され、両国首脳の間でも確認されました。
 このプロジェクトは、黒海沿岸のシノップ地区に4基の原子力発電所を建設するもので、今回の商業契約は、事業実施のための協力範囲やフィージビリティスタディの枠組などについて規定する、HGA(Host Government Agreement:施設国政府契約)と呼ばれる契約です。今後、トルコ国会の承認を経て、国際コンソーシアムと同国政府の間で正式に締結される予定です。
 当社をはじめとする国際コンソーシアムは今後、フィージビリティスタディを通じて、プロジェクトの具体的な諸条件を整えていくことになります。具体的には、ファイナンスの枠組みや電力販売契約などについて、交渉を詰めていきます。
 今回のプロジェクトには、当社と仏アレバ社の合弁会社であるATMEA社が開発した最新鋭の原子炉であるATMEA1が採用される計画です。ATMEA1は出力110万kW級の加圧水型炉(PWR)で、非常に信頼性の高い第三世代プラスの炉型であり、すでにフランス原子力安全規制当局およびカナダ原子力安全委員会から基準適合の評価を受けています。
 当社は今後、安全性を最優先した最新鋭の原子力技術をトルコへ提供することに全力で取り組むことで、同国の経済と産業の振興に広範な貢献をしていく方針です。
出典:三菱重工Press Information「トルコ共和国 シノップ原子力発電所プロジェクトの商業契約に大枠合意」(http://www.mhi.co.jp/news/story/1310305438.html)

例えば、車なんかだと、製品に欠陥があればリコールということで全て回収したりしますよね。
福島原発の事故について、まだ原因も分かっていないわけです。
つまり原子炉に欠陥があったのか、なかったのかも分からない。
もしかしたら今の原子炉の設計思想自体に大きな問題があるのかもしれない。
そしてその欠陥が事故につながれば、甚大な被害を生じることが確実である。
賢明な経営者ならば、そんな製品はもう売りません。
っというか既に売ったものもリコールでしょう。
それなのに、都合の悪い事故原因の可能性には目をつむり
「事故の経験と教訓を生かして技術を発展させることで世界最高水準の安全性を実現できる」
(2013/5/8参議院予算委員会 安倍首相答弁)
なんて言いながら国を挙げてセールス活動してるんですから、目も当てられません。
生かすべき「教訓」が何かなのかもまだ分かっていないのに。。

新規作成:2013/11/03
最終更新:2013/11/03