TOP » 日本国憲法 » 前文

前文

■声に出して読む憲法前文
コメディアンの松元ヒロさんのネタに「憲法くん」というのがありまして、そこで憲法前文の朗読があります。
それを見て感動してしまいまして、前文についてはつべこべ言わずに声に出してみるのが一番良いような気がしてきました。

本文はイーガブの法令検索を参照し、一部仮名遣いを改めました。
合わせて、かっこ付きで単語の読みと意味を付記しました(意味は大辞林を参照)。
でもなんだか、見にくくなっちゃいましたね。。
日本国民(にほんこくみん)は、正当(せいとう)に選挙(せんきょ)された国会(こっかい)における代表者(だいひょうしゃ)を通(つう)じて行動(こうどう)し、われらとわれらの子孫(しそん)のために、諸国民(しょこくみん)との協和(きょうわ:心を合わせ仲良くする事)による成果(せいか)と、わが国(くに)全土(ぜんど)にわたって自由(じゆう)のもたらす恵沢(けいたく:恵み)を確保(かくほ)し、政府(せいふ)の行為(こうい)によって再(ふたた)び戦争(せんそう)の惨禍(さんか)が起(おこ)ることのないようにすることを決意(けつい)し、ここに主権(しゅけん:国家の意思や政治のあり方を最終的に決定する権利)が国民(こくみん)に存(ぞん)することを宣言(せんげん)し、この憲法(けんぽう)を確定(かくてい)する。そもそも国政(こくせい:国の政治)は、国民(こくみん)の厳粛(げんしゅく:厳しくゆるがせにできないさま)な信託(しんたく:信頼して政治などを任せること)によるものであって、その権威(けんい:他を支配し服従させる力)は国民(こくみん)に由来(ゆらい)し、その権力(けんりょく)は国民(こくみん)の代表者(だいひょうしゃ)がこれを行使(こうし)し、その福利(ふくり)は国民(こくみん)がこれを享受(きょうじゅ)する。これは人類普遍(じんるいふへん)の原理(げんり)であり、この憲法(けんぽう)は、かかる原理(げんり)に基(もとづ)くものである。われらは、これに反(はん)する一切(いっさい)の憲法(けんぽう)、法令(ほうれい)及(およ)び詔勅(しょうちょく:天皇の発する公式文書)を排除(はいじょ)する。

日本国民(にほんこくみん)は、恒久(こうきゅう:永久)の平和(へいわ)を念願(ねんがん)し、人間相互(にんげんそうご)の関係(かんけい)を支配(しはい)する崇高(すうこう:気高くて、尊い事)な理想(りそう)を深(ふか)く自覚(じかく)するのであって、平和(へいわ)を愛(あい)する諸国民(しょこくみん)の公正(こうせい)と信義(しんぎ:偽ったり欺いたりせず、真実で正しい道を守る事)に信頼(しんらい)して、われらの安全(あんぜん)と生存(せいぞん)を保持(ほじ)しようと決意(けつい)した。われらは、平和(へいわ)を維持(いじ)し、専制(せんせい:支配的立場にある者が独断でほしいままに事を行う事)と隷従(れいじゅう:仕え従うこと)、圧迫(あっぱく:強い力で押さえつける事)と偏狭(へんきょう:度量が狭い事)を地上(ちじょう)から永遠(えいえん)に除去(じょきょ)しようと努(つと)めている国際社会(こくさいしゃかい)において、名誉(めいよ)ある地位(ちい)を占(し)めたいと思(おも)う。われらは、全世界(ぜんせかい)の国民(こくみん)が、ひとしく恐怖(きょうふ)と欠乏(けつぼう)から免(まぬが)れ、平和(へいわ)のうちに生存(せいぞん)する権利(けんり)を有(ゆう)することを確認(かくにん)する。

われらは、いずれの国家(こっか)も、自国(じこく)のことのみに専念(せんねん)して他国(たこく)を無視(むし)してはならないのであって、政治道徳(せいじどうとく)の法則(ほうそく)は、普遍的(ふへんてき:全てのものに共通しているさま)なものであり、この法則(ほうそく)に従(したが)うことは、自国(じこく)の主権(しゅけん)を維持(いじ)し、他国(たこく)と対等関係(たいとうかんけい)に立(た)とうとする各国(かっこく)の責務(せきむ:自分の責任として果たさねばならない事柄)であると信(しん)ずる。

日本国民(にほんこくみん)は、国家(こっか)の名誉(めいよ)にかけ、全力(ぜんりょく)をあげてこの崇高(すうこう)な理想(りそう)と目的(もくてき)を達成(たっせい)することを誓(ちか)う。


新規作成:2013/10/06
最終更新:2013/10/06
(旧ブログ初掲載:2013/03/03)